仕事を得る方法

カルテを持った医師の手元

現代は社会が複雑化していてストレスがたまりがちです。そのため現代に生きる人々は多かれ少なかれ様々な悩みを抱えています。そんな中で人々の悩みの解消を手伝う職業があります。それは心理カウンセラーです。心理カウンセラーとは相談者の悩みを聞いて理解し、相談者が悩みを解決できるようにサポートする職業です。この行為のことをカウンセリングといいます。では心理カウンセラーになるにはどうすればいいのでしょうか。実は心理カウンセラーになるにはこれが必須であるという資格はありません。しかし心理に関連した資格は多くあります。心理カウンセラーが受ける相談は仕事や勉強や恋愛など幅広いのでそうした資格を取得しておいた方がいいでしょう。

心理カウンセラーになる方には主に3種類の方がいます。まず一つは大学心理学を学び専門家としてカウンセリングを行っている方です。次にカウンセラー関連の資格を取得し、他の職業からカウンセラーになった方です。そして資格を有しておらず自身の経験を活かしてカウンセリングを行っている方です。心理カウンセラーになるには資格が必須ではないので、資格を持っていなくても経験や知識を活かしてなることができます。しかしカウンセラーとして勤める先によっては資格が求められることがあります。例えば教育機関に勤めるスクールカウンセラーには臨床心理士という資格が求められる場合があります。職業として心理カウンセラーになるにはそこをよく確認しておく必要があります。