医療事務を取得する

ノートに書き込む手元

医師事務作業補助とは、医師が行う業務の中で、事務的な作業を専門にサポートする職業をいいます。病院ごとに呼称が異なっており、メディカルアシスタント、医療秘書など、さまざまな名称で呼ばれます。医師事務作業補助者の主な仕事として、文書作成が挙げられます。医師の指示のもと、診断書や紹介状の作成や、診療記録の記入などを行います。医師事務作業補助者となるために特定の資格や経験が必要というわけではありません。しかし、医療に関する幅広い知識が必要とされる、やりがいのある仕事となっています。日本では、2008年に診療報酬制度で定義されてから徐々に定着しつつある状況ですので、今後ますます需要が高まっていく職種となるでしょう。

スタンダードな資格がないということは、それぞれに異なる教育背景、実務経験をもつ人たちが集まるということでもあります。専門知識だけでなく、そうしたさまざまな背景をもつ人たちや医療スタッフとの連絡調整が重要となる仕事ですので、現役の医師事務作業補助者からは、「もっとも大切なのはコミュニケーションスキルだ」という声もよく聞かれます。資格や経験がなくても就ける仕事ではありますが、必要な知識や能力は自分で判断し、身につけていかなくてはならないのです。自分から必要なことを貪欲に学ぶ姿勢や、相手の意図を汲み取る姿勢を常に持つことが、医師事務作業補助という仕事には欠かせません。自分なりに目標意識を持って向き合うことが、充実した働き方への第一歩となるはずです。